アートとサイエンス

フィックの第1法則

2015/11/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Diffusion and Fick’s Law (拡散とフィックの法則)


Instructor: Sanjoy Mahajan

フィックの第1法則 フィックの実験(1855) http://www.qpn.kyushu-u.ac.jp/lab8/member/hashizume/energy_transport_1_4.pdf

フィックの第1法則 第1法則は、定常状態拡散、すなわち、拡散による濃度が時間に関して変わらない時に使われる、「拡散流束は濃度勾配に比例する」という法則である。http://wpedia.goo.ne.jp/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

フィックの拡散の法則:フィックが1855年に発表した「拡散」に関する物理法則。この時、フィックは26歳であった。内容は第一法則と第二法則とに分かれる。論文は Fick A. Uber diffusion. Ann. Phys(ik) . 1855:94:59-86. (東大図書館所蔵。) http://www.acute-care.jp/document/bloodgas-museum/fickd311.html

フィックの第1法則 拡散流束が濃度勾配に比例することを表した法則です。 http://www.cradle.co.jp/glossary/detail/0000000222?c=jp

フィックの第1法則(定常状態拡散) 空間上の点x = (x1; x2; x3) 2 R3 を与え, x を含みxi 軸と直交する微小面dSi を考える.
http://www2.kobe-u.ac.jp/~akagi56/class/intlect/intlect14.pdf

Ueber Diffusion (pages 59–86) Dr. Adolf Fick Annalen der Physik http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/andp.18551700105/epdf (フィックがフィックの法則について述べた原著論文。ドイツ語)

Fick’s first law is an empirical law that states that diffusion takes place down the concentration gradient and is everywhere directly proportional to the magnitude of that gradient, with proportionality constant D. (Johnston and Wu, Foundations of Cellular Neurophysiology)

アドルフ・オイゲン・フィック(Adolf Eugen Fick, 1829年9月3日 – 1901年8月21日)はドイツの生理学者、物理学者、医師である。1855年膜を通過する気体の拡散についてフィックの法則を導いた。マールブルク大学 で物理を学んだが、すぐに生理学に転向した。1851年乱視の研究で学位を得る。チューリッヒ大学で解剖学の教授になった。1867年からヴュルツブルク 大学で生理学の教授になった。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Arts and Sciences , 2015 All Rights Reserved.