アートとサイエンス

ゼロから作るDeep Learning【書評】

 
この記事を書いている人 - WRITER -

深層学習(Deep Learning)を勉強したいと思い、教科書をいくつか買ったのですがなかなか読みこなせませんでした。そんなある日、アマゾンでこの本を発見。

ゼロから作るDeep Learning――Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装 斎藤 康毅 著 2016年09月 発行 320ページ ISBN978-4-87311-758-4

アマゾンのレビューワー15人中15人とも星5個つけているのも圧巻ですが、”物凄い勢いで売れているようですが納得”という語句に反応して即座に発注。届いてすぐ読み始めましたが、わかりやすさにびっくり。数学もプログラミングも苦手意識の塊でしかない自分でも読めそうです。ディープラーニングはおろか、PYTHONや機械学習、ニューラルネットワークをまったく知らない完全な初心者が読めるように書かれています。ここまでディープラーニングの敷居を下げてくれた本は、今までなかったのではないでしょうか?自分のPCにPYTHONの環境はもともと作ってあったので、とにかく全部実際にコードを入力して動作を確認しながら読んでいます。

PYTHONを知らない初心者でもついてこれるような丁寧な導入があり、わき目もふらず寄り道もせずひたすらディープラーニングの理解を目指して、進んでいきます。大学の先生といった専門家が書いた教科書だと1~2行ですませそうなところでも、丁寧に図解したりしていて、とにかくわかりやすい。

満足度:★★★★★

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Arts and Sciences , 2016 All Rights Reserved.