アートとサイエンス

小林誠「CP対称性の破れとは」

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小林誠「CP対称性の破れとは」
2009年一般公開(2009.09.06)

小林 誠 著 「消えた反物質」 (ブルーバックス新書)
粒子と反粒子が対等であるなら、なぜ宇宙は「物質」だけでできているのか?その有力な答となるのが「CP対称性の破れ」と呼ばれる素粒子現象である。講談社 (1997/6/20) 206ページ ISBN-10: 4062571749、ISBN-13: 978-4062571746

アマゾンレビューのまとめ:
* 最小限の数式(高校生レベルの代数、三角関数、指数関数の微分と行列の掛け算)でCP対称性の破れをわかりやすく説明
* まさにノーベル賞の受賞理由が本人によって解説
* この本以上に「CP対称性の破れ」をわかりやすく説明した本を知りません
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Arts and Sciences , 2012 All Rights Reserved.