アートとサイエンス

ブリキの太鼓 Die Blechtrommel 

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ブリキの太鼓 (ドイツ語原題:Die Blechtrommel 英語題名:The Tin Drum)はドイツの作家ギュンター・グラス(Günter Grass)が1959年に発表した小説。ギュンター・グラスはノーベル文学賞を受賞しています。2015年4月13日死去。3歳でそれ以上成長するのを止めたオスカル・マツェラート(Oskar Matzerath)が主人公のかなり奇妙な物語です。

オスカル・マツェラート(Oskar Matzerath):主人公。3歳のときに母アグネスからブリキの太鼓をプレゼントされる。3歳で身体の成長を止めた。叫び声でガラスを割る能力を持つ。
アグネス・マツェラート(Agnes Matzerath): オスカルの母
アルフレート・マツェラート(Alfred Matzerath):オスカルの父親
マリア・マツェラート(Maria Matzerath) :オスカルと同い年で、初恋の相手。後にアルフレートの後妻となった
ヤン・ブロンスキ(Jan Bronski):アグネスの従兄で恋人でもある
アンナ・コリャイチェク:アグネスの母親。旧姓ブロンスキ。
ヨーゼフ・コリャイチェク:アグネスの父親

ブリキの太鼓 ” Die Blechtrommel ” TV-CM

Die Blechtrommel [The Tin Drum] (1979) Trailer – Volker Schlöndorff

畑にいたアンナ(Anna; オスカルの祖母)が、警察に追われて逃げてきた放火魔ヨーゼフ・コリャイチェク(Joseph Koljaiczek)をスカートの中にかくまい、子(オスカルの母アグネス)を宿すことになるシーンと、ヨーゼフが警察に追われ逃れようとして川に飛び込んで行方不明になるシーン。
The Tin Drum English Translation

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Arts and Sciences , 2015 All Rights Reserved.