アートとサイエンス

記憶に残るゴール:三浦知良2011年3月29日長居 スタジアム

 
この記事を書いている人 - WRITER -

2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震のため、予定されていたキリンチャレンジカップが中止となり、急遽、日本代表対Jリーグ選抜のチャリティマッチが組まれることになりました。そのようないきさつで2011年3月29日に長居スタジアムで開催された「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」。この試合で、キングカズこと三浦知良選手がゴールを決めました。

サッカーのゴールで泣けるというのも珍しいですが、このカズのゴールは本当に世の中の多くの人を感動させ、生きる勇気を与えるものでした。

(・_・)三浦知良カズ伝説 ヴァモラ KING KAZU 2011,03,29長居

「経験が凝縮されてるシュートですね。」という解説者の言葉がまさにピッタリです。偶然などでは決してなく、カズが今まで行ってきたこと全てがこのゴールにつながったのだと感じさせる、非常に感動的なゴールでした。

キングカズ 「ぶれない心を持つ男 三浦知良」

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Arts and Sciences , 2014 All Rights Reserved.