アートとサイエンス

小石原焼 秀山窯が作り出すSHUZAN-BLUEとシルバーの輝き

2020/01/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

数ある小石原焼きの窯元の中でもひと際自分の目を引いたのが、この秀山窯の作品たちです。秀山窯はこの青色が非常に特徴的なのですが、自分が気に入ったのはさらにこのブルーにシルバーを合わせたセンスのすばらしさ。

どうやってこの色や質感を出すのかわかりませんが、この陶器らしからぬシルバーと秀山(シュウザン)ブルーとを組み合わせたコーヒーカップには強く引き付けられました。色だけでなく、コーヒーカップの受け皿が木の葉の形だったりと、デザインもモダンでおしゃれだと思います。

そんなわけで、自分の家には、すでに秀山のコーヒーカップが2つあります。こんなおしゃれなコーヒーカップですが、非常に購入しやすい価格で、2000円前後のものが多いです。

 

参考

  1. 小石原焼き 秀山窯ウェブサイト
  2. 福岡県東峰村小石原ミニマップ(2019年版 PDF)
  3. 本ブログ記事中の写真はいずれも、道の駅「小石原」の店内に陳列してあった商品を自分が撮影したものです。転載される場合には、本ウェブページへのリンクを必ずお貼りください。
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© Arts and Sciences , 2019 All Rights Reserved.