岩波講座 現代の物理学15 散逸構造とカオス 森肇・蔵本由紀 著

岩波講座 現代の物理学15 散逸構造とカオス 森肇・蔵本由紀 著
岩波書店 ISBN-10: 4000104454、ISBN-13: 978-4000104456 定価3200円 発行日1994年3月8日 296ページ
執筆分担 第I章(蔵本由紀)、第Ⅱ章(森肇)
目次
Ⅰ 散逸構造
1 散逸構造の典型例
1-1 Bénard対流
1-2 Belousov-Zhabotinskii反応
2 振幅方程式とその応用
2-1 Newell-Whitehead方程式のと周期構造の安定性
2-2 異方性流体とGinzburg-Pitaevskii方程式
2-3 トポロジカルな欠陥とその運動
2-4 振動場の振幅方程式
2-5 複素Ginzburg-Landau方程式の諸性質
3 反応拡散系と界面ダイナミクス
3-1 双安定1成分系の界面
3-2 興奮系の孤立パルスと周期的パルス列
3-3 興奮系の回転らせん波
3-4 複合回転らせん波とTuringパターン
3-5 界面不安定性と構造形成
4 位相ダイナミクス
4-1 周期構造の弱い乱れと位相方程式
4-2 振動場の位相波と位相乱流
4-3 界面の位相ダイナミクス
4-4 複合場のダイナミクス
5 縮約理論の基礎
5-1 2つの簡単な例
5-2 定常解の不安定化
5-3 振幅方程式の基礎
5-4 連続的空間自由度の取り込み
5-5 位相ダイナミクスの基礎

Ⅱ カオス
6 カオスへの物理的アプローチ
6-1 散逸力学系の相空間の構造
6-2 保存力学系の相空間の構造
6-3 カオスの軌道不安定性と混合性
6-4 カオスの統計的記述
7 散逸力学系の分岐現象
7-1 Hénon写像のバンドカオス
7-2 諸種の低次元写像の導出
7-3 1次元2次写像の分岐
7-4 1次元円写像の分岐
8 非周期運動の統計物理
8-1 粗視的軌道拡大率の統計構造関数
8-2 特異性スペクトルf(α)
8-3 ψ(Λ)の線形スロープの理論
8-4 f(α)とψ(Λ)の関係
9 カオスの分岐と臨界現象
9-1 強制振り子のクライシスとエネルギー散逸
9-2 アトラクター融合後の全域的カオス
9-3 カオスの臨界現象と動的相似性
10 保存系カオスの混合性と拡散
10-1 最終KAMトーラスの動的自己相似性
10-2 広域的カオスの混合性
10-3 加速モードトーラスの島による異常拡散
10-4 振動する層流による流体の混合と拡散
第Ⅱ部のまとめ
付録
付1 保存写像の周期点とその周辺
付2 分散と時間相関関数
付3 間欠性カオスのCantorリペラー
参考書・文献
索引


散逸構造とカオス (現代物理学叢書)
314ページ 岩波書店 発行日2000/11/15、ISBN-10: 4000067508、ISBN-13: 978-4000067508 *岩波講座としての第2次刊行に際して補章を加え、最近の進展の概要を解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です